カーナビは完ぺきではない

本04

 

 

現在では新しいシステムとして自動車にカーナビゲーションを取り付けることが一般的に広く認知されています。

 

そんな中、ナビの性能も近年では飛躍的に向上しており、目的地を設定することによって、誰でも簡単に自動車を移動させることができるようになりました。モニター画面も初期の時代と比較すると、大型画面で表示されている地図も見やすく改良されていて、最新の機種の場合では渋滞している道路などを事前に回避するための機能が備わっているものも存在しています。しかし、ナビのルート案内に関しては、決して完璧とは言えない部分もあります。

 

例えばルート案内上で指定されている道路の中には、危険の多い交差点を通過することを必要とされているケースもあります。この場合では、危険を未然に回避するために、自己判断で安全な道路を選択することもおすすめになります。

 

また、交通量は少ない道路であっても、学校などの施設周辺の道路では、制限速度も低く設定されており、歩行者の数も多い道路も存在しています。このような道路を走行させることに不安を感じている方の場合では、やはり少しでも安全な道路へと迂回することも良い方法です。ナビは非常に便利なシステムになりますが、安全面で言うと完璧とは言えない部分があり、常に実際の道路状況を把握して運転することが望ましいことになります。

コメントは受け付けていません。