カーナビは音声案内を利用するのが基本、操作は安全な場所に停車して

日本生まれ、日本育ちのカーナビは、この数年で自動車の安全性に関わる問題までに発達しました。

 

日本国内では、欠かすことが出来ない機械となりました。

 

まだまだ、海外では、普及する余地が有ります。特に、最新のカーナビを走行中に操作をしたくなった時、交通事故の原因になる為、操作できくなってます。路肩など安全な場所に停車して、操作をする必要が有ります。それも日本らしい事故防止の工夫です。カーナビは、画面で進路案内をするだけでなく、音声案内もしてくれます。そのため、前方への注意が散漫になることが有りません。

 

もし、案内を聞きのがしたとしてルートを外れたとしても、ユーザは焦る必要が全く有りません。なぜなら、カーナビは瞬時に目的地までの新しいルートを探し出して案内を始めます。また、様々な条件を設定することで、高速道路優先や一般道路優先から、最短距離の優先や運転しやすい道を優先することも可能です。しかし、まだまだ発展途上の機械。カーナビも完璧では有りません。新設された一方通行や右折禁止は、データが更新されるまで表示されません。その為、たまに誤表示が出てしまう場合が有ります。カーナビの地図データソフトの更新は常にしといた方が運転手にとって良いでしょう。

本02

コメントは受け付けていません。